ekko*です。うちごはんや旅の思い出など、暮らしのあれこれを綴っています。


by ekko*
e0138560_21442520.jpg

2日目の朝は6時起床。
ちゃちゃっと着替えて、スッピンのまま部屋を出ました。
朝ごはんを食べにホテルの目の前、華山市場の2Fにある阜杭豆漿(フーファンドウジャン)へ。
でも、ホテルを出て信号待ちで見た光景・・・何この行列~!!
切れてて写真では分かりませんが、列の一番後ろは右端の電信柱の少し後ろ辺りです。
お店は5時半からなので6時ならそんなに並んでないかと思っていたけど、甘かったみたいです。
やっぱり日曜日だからかなぁ。 ホントすごい人気のお店なんですね。

とりあえず一番後ろに並び1時間くらいかかったかと思いますが、
やっとお店の中に入れました。

e0138560_21443026.jpg
厨房がガラス張りになっているので、作っているところが見えます。

e0138560_21442893.jpg
タンドリーみたいな感じ? フチに貼りつけて焼いているんです。

e0138560_21443360.jpg
まず順番が回ってくると、お店のおばちゃんが豆乳の注文を「しょっぱいの? 甘いの?」 と日本語で聞いてくれます。
そして次のおばちゃんにそれ以外の注文を言うのですが、口頭で言う自信も勇気もないので(笑)
昨日の夜に欲しいものをノートに書いておきました。
で、それをお店のおばちゃんに見せる。
すると、すんごい神業で用意されて金額がいくらか言ってくれます、さすがー。

お店はフードコートの一画にあるので、食べるところが広いのがいいですね~
写真がキレイに写るように窓側の席に座りました(笑)

e0138560_21443674.jpg
まずは すっごく食べてみたかった鹹豆漿(塩味の豆乳)です。
おぼろ豆腐と言うか茶碗蒸しの崩したのみたいで、ふるふる。
油条に葱のみじん切り、干しエビ、肉そぼろなどが乗ってて、味付けは黒酢、ラー油、ゴマ油、醤油、塩少々。
温かくて、大豆の味が濃厚。 優しい味で1人1個でもよかったかも。

e0138560_21444074.jpg

カウンターに置いてある豆板醤を加えました。
台湾ってアレですよね、八角が何にでも入ってるんですよね。
モチロン豆板醤にも八角入ってます。苦手な人はムリかもしれないけど
入れるとグンっと味がよくなります~
ダンナは醤油のほうがいいなぁと言ってました。

e0138560_21443856.jpg
そしてこれは台湾朝ごはんの定番メニュー蛋餅(ダンビン)です。
もちっとした皮の中に薄焼き卵が入ってます。
少し薄味なのでお醤油をかけて食べましたが、モッチモチで美味しかった~

e0138560_21444310.jpg

厚餅夾蛋(ホウピンジアダン) 
簡単に言うと卵焼きを挟んだパンってところでしょうか。パンの内側にはネギが入ってます。
パンが薄いバージョンもあるですが、厚いほうがオススメだと色んなところで書いてました(笑)

e0138560_21444613.jpg

結構なボリュームでしたが、美味しかった~ でも1人で食べると多いかも。
次は薄い方も食べてみたいな。

e0138560_21083852.jpg
冷たい甜豆漿(甘い豆乳)は持ち帰り用にしました。
でもダンナは一口飲んで「オレこれいらんわー」と。
やっぱり普段豆乳を飲まないので、好みではなかったようです。
ほんのり甘くて、日本だと調整豆乳ってところかな。
ワタシは調整豆乳なら飲めるので美味しくいただきました ^^

e0138560_21233762.jpg
その後、出かけて戻って来た時に部屋から覗いたらこんなに行列が伸びていました。
次に行く時は5時半出発でがんばります。あ、出発じゃ遅いか。。。


阜杭豆漿
台北市忠孝東路一段108号2F-28
TEL: 02-2392-2175
営業時間: 5:30~12:30くらい (月曜休み)



[PR]
by ekko_kopanda | 2014-11-04 23:38 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(0)
e0138560_21032397.jpg

寧夏路夜市の通りにあるこの看板が気になり、入ってみることにしました。

e0138560_21090507.jpg

日本語のメニューあったんですけど、意味不明な解説で(笑)
とりあえず食べたいと思った黑糖雪片冰を注文しました。

e0138560_21035069.jpg

トッピングを4種類選べます。 
選んだのは多分、上右側の里芋と下の芋圓、パイナップルと黑糖粉粿です。

e0138560_21033944.jpg

出来上がりました~
上にどっさりかかってる茶色いのが黒糖味の氷なんですけど、
特許を取得したカキ氷機を使って全て0.2cmの厚さで削られているそうです。
初めてみたわ~こんなかき氷。

e0138560_21034759.jpg

どっさりとかき氷がかかっているので、下に埋まったトッピングまでなかなか到達しませんでした(笑)
えっと味はですね、1回食べたらもういいかな ^^;
美味しくないワケじゃないのよ、なんて言うんだろ~黒糖のかき氷が、ちょっと好みじゃなかった?
ってそれがウリなのにね(笑)
ダンナなんか「黒糖があんまりやなぁ~」と、なんだそりゃって感想でしたよ。

e0138560_21034519.jpg
でも、トッピングはどれも美味しかったー♪ 
特に気に入ったのは黑糖粉粿と芋圓。どちらもモチモチでしたよ。
なので、次にこちらにお邪魔することがあれば、違うものを頂きたいと思います。

e0138560_21250698.jpg

雪片黑糖冰
台北市寧夏路25號(寧夏夜市內)
TEL: 02-2556-9109
営業時間:13:00~24:00




[PR]
by ekko_kopanda | 2014-11-03 23:56 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(0)


e0138560_2237234.jpg



犂園湯包館で食べたあと、私的にはもう1軒小龍包のお店に行きたかったのに
ダンナが「夜市に行くでー」と言うので民生西路の寧夏路夜市へやってきました。



e0138560_22434856.jpg



土曜日だからか、混んでました~ なのでこれまたロクな写真がありません ^^;



e0138560_2247181.jpg



とりあえずブラブラと屋台を物色しながら美味しいものないかなぁ~と
見てたのですが、食べたかったお店は満員で、
待ってまで食べたいと思うほどお腹も空いてなかったのでパス。


で、ありましたよ。探していたお店が。
って言ってもお店の写真撮ってない(泣)
シフォンケーキとかパウンドケーキを売ってるお店なんですけど、
そのお店のシフォンケーキが美味しいと聞いていたので小さいサイズを買いました。



e0138560_22513165.jpg



旺来蛋糕ってお店で買った戚風蛋糕(シフォンケーキ)。小さいサイズは50元です。
めっちゃふわふわです。 日本に持ち帰ります~



e0138560_22563661.jpg



持って帰って家で食べるところです。
小さいサイズにしたのが悔やまれます~大きいのにすればよかった。
フッワフワで、ほんのり甘くて、とにかくすごく美味しいですー♪



e0138560_20523982.jpg




[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-31 23:30 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(1)


e0138560_14105088.jpg



ヘロヘロで台北まで戻ってきました~お腹空いたよ。。。
今回は小龍包の旅の予定だったのです(笑)
何軒で食べれるかなぁ~って思ってたけど、思ったほど行けませんでしたよ。
この旅、初小龍包のお店「犁園湯包館」です。


e0138560_14141673.jpg



土曜日の6時半頃だったので混んでましたが、
とりあえず名前書いて待ってたら、5分くらいしたら席に案内されました。


e0138560_14151329.jpg



日本語のメニューもあるので、全然大丈夫ですよ~


e0138560_14183416.jpg



まずは喉が渇いていたので、台湾ビールを一気飲みです。
この台湾ビールのグラスがぽってりしてて可愛かったなぁ。


e0138560_14154789.jpg



大豆苗の炒め物です。何ていうんだろ~かなり好みの味。
シャキシャキしてて、にんにくの風味も良くってあっさり味。いくらでも食べれるな~
豆苗をもっとしっかりさせた感じ?(笑) 日本ってこういう感じの野菜少なくないです?
もっとあってもいいのになぁ。


e0138560_20173038.jpg



今回の旅、初の小龍包です♪ まずは普通の上海小籠湯包。
皮が薄めでチキンスープがベースになってるらしく、あっさりとしています。


e0138560_20203490.jpg



生姜醤油でいただきます。 おいしー♪


e0138560_20212073.jpg



そして絲瓜蝦仁湯包(エビとヘチマ)。
ダンナが注文する時に「えーへちま~?」と文句いっていましたが、
食べてみて「いけるやん」と言っていました(笑)
へちまはアスパラみたいな感じで食感が良くって美味しかったデスよ。


e0138560_20243834.jpg



中身がまったくわかりませんが、多分上海小籠湯包ですね。


e0138560_2025596.jpg



そしてカニみそ入りの蟹黄湯包。
松葉ガニのカニみそは苦手だけど、ワタリガニのカニみそは大好きなんです♪
あー美味しかったけど期待してたほどカニみその風味はなかったなぁ~残念。


e0138560_20285830.jpg



ご飯が無いと生きていけないダンナが頼んだXO醤雙魚炒飯。
どうやら2種類の魚が入っているようですが、鮭しか分かりませんでした ^^;
でもご飯はパラパラで味付けも割としっかりていて美味しかったですよー
まぁ半分以上はダンナが食べちゃいましたけどね。


e0138560_20480825.jpg



犁園湯包館
台北市南京東路3段256巷24號
TEL:02-2721-5532
営業時間:11:30-14:30 / 16:30-21:30



[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-30 23:30 | 2014 Oct. Taipei


e0138560_21515634.jpg



MRT忠孝復興駅付近のバス停から基隆客運1062線の直行バスに乗って約1時間半。
九份(きゅうふん/ジョウフェン)へやってきました。102元だったかな?

九份は台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町で、昔は金鉱山で栄えてたみたいですが、
生産量が減り続けて1971年に閉山して衰退してたところに
侯孝賢監督の「非情城市」の舞台となって観光地として注目され、
さらにジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデル地と噂が広まって
人気が高まってレトロな街並みに似合う茶芸館やカフェが増えていって
今みたいな感じになったそうです。


e0138560_2157037.jpg



いやぁ~ねぇ、スゴイ人よ、ホント。
土・日に来るもんじゃないって誰かのブログに書いてたけどホントですわ ^^;


e0138560_2265366.jpg



大陸の人達が7割、日本人2割、韓国人1割って感じかなぁ~
とにかく歩くのもやっとって感じでした。。。


e0138560_2272544.jpg



どこを歩いてもこんな感じで人・人・人。
人混みで足元があんまり見えない階段で、写真撮るのに立ち止まったり(あ、人のこと言えないわ ^^;)
どこかお茶屋さんに入ってまったりって思ってたけど、どこもいっぱいで入る気しないし。。。


e0138560_2284599.jpg



こちらが有名な阿妹茶酒館デス。
結局これを見に来ただけだったような・・・ ^^;


e0138560_22134677.jpg



本当なら日が暮れて提灯に火が灯った頃のほうが情緒があっていいみたいなんだけど、
それまで居る気力もなく(笑)、日が暮れるまえに帰ろうとバス乗り場へ行ったら・・・


e0138560_22144173.jpg



これ、初めはもっと後ろのほうから並んでたんですよ~
ホンマに帰れるん?と、不安なくらい長蛇の列でしたが、
何台目かのバスにやっと乗れたのはいいけど、座れなくて・・・
くねくねの山道を1時間半立ちっぱなしでヘロヘロで台北まで戻ってきました(泣)
ダンナはちゃっかり途中の停留所で降りた人の席に座ってるし。。。
あ~何か無駄な時間使っちゃったなぁ。。。
これなら九份行かずに101でも行けばよかったかも(笑)


e0138560_2238013.jpg



教訓→ 土・日は絶対にへは行かない。 
もしどうしても行くなら往復チャータータクシーかツアーバスで。



[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-29 23:30 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(1)


e0138560_13203858.jpg

お昼を食べてから、九份(きゅうふん/ジュウフェン)へ行くのに
バス乗り場があるMRT忠孝復興駅へやってきました。
この辺へ来たら行こうと決めていた、いつも行列が出来ているという姜太太包子店です。


e0138560_13233637.jpg



やっぱり行列が出来てましたが、注文する物をメモに書いたりしてたら
あっという間に順番が回ってきました。


e0138560_13265632.jpg



色んな肉まんがあるのですが、買ったのは3種類です。


e0138560_13274737.jpg



蒸籠に入ってる肉まん撮りたかったけど・・・(笑)


e0138560_13282759.jpg



お店の前に座れる場所があったので、そこに腰かけて食べましたが
食べかけてる写真しかないの ^^;

これは招牌肉包
分かりやすく言うと、551の豚まんの皮が薄めで小ぶりな感じ? 
ジューシーで美味し~!!
味付けは結構似てるかな、とにかく大阪人好きな味です(笑)


e0138560_1331527.jpg



こちらは葫瓜肉包
アミエビみたいな小さなエビが入っているので、これまた違う感じで美味しいの~


e0138560_13445970.jpg



唯一食べる前の姿も撮ってた豆沙包。
あんまんです。
甘さが控えめでたっぷり入ってます。 ただこれワタシ1口しか食べてませんの ^^;
あとはダンナに食べられました。


さぁ~次は「千と千尋の神隠し」のモデル*になったとも言われてる
九份(きゅうふん/ジュウフェン)へ行きます~
*まぁスタジオジブリも宮崎駿さんも否定されてますけどね。。。


姜太太包子店
台北市復興南路一段180号
TEL:02-2781-6606
営業時間:6:00~19:00(土曜日~18:00)(日曜休)


[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-28 23:30 | 2014 Oct. Taipei
e0138560_2353388.jpg

ホテルから歩いて5分くらいのところにある水餃子のお店「巧之味手工水餃」です。
時間がちょうどお昼頃だったので満員。お店の外にも人があふれてましたが
お店の人に2人と言いに行くと、すぐに呼ばれて相席でしたが座れました。

e0138560_238301.jpg

あまりの人の多さにロクな写真がないのですが ^^;
台湾は多くのお店が伝票に注文を自分で書き込んでお店の人に渡すシステムなので
割とスムーズに注文することが出来ます。
水餃子は5個から注文出来るので1人3個として3種類を6個ずつ頼みました(笑)
あ、日本語のメニューもありましたよ。

e0138560_2312436.jpg

一番目にきたのが招牌水餃。
黄ニラにキャベツと豚肉の入った水餃子であっさりと上品で皮がつるんとしてました。
これ、マジすんごく美味しかった~~

e0138560_23142777.jpg

またしてもこんな写真しかありませんが・・・
タレは奥のテーブルに置いてあるのを自分で持ってきます。
いろんなのが置いてあるけど、何がなにやら(笑)
とりあえずテキトーにアレンジして入れてきたのですが、美味しかった。

e0138560_23161985.jpg

奥の緑色のが干貝水餃。干しホタテやキャベツに豚肉が入ってて、
皮に海藻を使っているみたいで、海の香りがする~
手前が韭菜水餃。ニラと豚肉が入っててニラのシャキシャキ感がたまんない。
どっちもめちゃウマでした。

e0138560_23183878.jpg

そして丸子湯という3種類の団子が入ったスープでさっぱりしてて優しい味。
団子はすり身と豚肉と細長いのはすり身の中に豚肉のあんが入ってるの。
スープの中に細かく切ったセロリが入ってて、食感がいいなって思ってたら、
セロリがあんまり好きじゃないダンナが「セロリ要らんなぁ~」と(笑)

あ、上にかかってる胡椒は相席のおじさんが自分が使うのに取ってきて
使い終わったのを渡してくれました ^^

e0138560_23113052.jpg

キュウリの酢の物もピリって辛くてさっぱりしてて美味しかった。

e0138560_23263959.jpg

いや~ホント美味しかった超満足~~!!
次も絶対に来ると心に決めました。


巧之味手工水餃
台北市濟南路2段6号
TEL:02-2321-4693
営業時間:11:00~21:00(日曜休)



[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-27 23:30 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(1)
e0138560_2353338.jpg

台北駅から歩く事10分、ホテルに到着しました~
って左のグレーの建物がそうなんですけど・・・ ^^;
今回のホテルは和逸・台北忠孝館(Hotel Cozzi Zhongxiao)です。

向こうのほうに見える高いビルが台北101。
2004年に建った時はたしか世界一だったみたいですが、今は??
ここからだと台北101であるカウントダウン花火が見えるのかな?

今回どこに泊まろうか?とすごく悩んだの。
だって台北は15年振りで、地理感まったくゼロだったので(笑)
とにかく台北駅から遠くなく、キレイで駅から近い所ってだけでこちらに決めたのですが、
結論から言うと、とっても良かったです。
隣にコンビニ(Hi-Life)はあるし、駅から徒歩30秒だし、ホテルの人たちもとってもいい感じだったし。
次回もきっとこちらに泊まると思いマス。

荷物を預けるだけのつもりだったのですが、部屋の用意が出来ているらしく
カードキーを受け取り部屋へ荷物を置きに行きました。

e0138560_011459.jpg

6階の一番奥の部屋でした。

e0138560_2358162.jpg

部屋の写真を・・・全然撮ってなかった(泣)

e0138560_025215.jpg

テーブルの上にウェルカムフルーツとクッキーなんかが置いてありました。
あと冷蔵庫に入ってるソフトドリンク(コーラとかだったような)は無料だし
ミネラルウォーターも洗面台に1人1本置いてました。

e0138560_032515.jpg

ベッドの奥がバスルームでシャワールームとバスタブが別になってます。
でもねぇ~このバスタブが曲者でしたよ。
持つところが無くて入りにくいし、滑り止めが無くて湯船から出にくい(笑)
でも歩きまくった疲れを取りたいのでシャワーと別なのが良かったです。

これだけだと全然分かんないと思うのでこちら見てください(笑)
ワタシたちの泊まったのはCozzi Room(コッツィルーム/和逸客房)です。

ホテルは無線wifiがあるのですが、夜はすんごく速度が遅かったので、
持って行ったwifiルーター使ってました。

さぁーお昼食べに行きますよー!!



[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-26 23:30 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(0)
e0138560_23555868.jpg

台北に行こうと決めた理由が、テレビで見た小龍包がすんごく美味しそうだったから(笑)
でも結局TVで見たお店には行けずだったんですけどね~ ^^;

なので先日の日帰りソウル旅のチケットを取った時に一緒に台北行きのチケットも取っておきました。
今回もLCCのピーチですよー。

LCCだと日帰りや1泊の旅が出来るので気軽に近くの海外へ行けますね。
それと滞在時間が長いので1泊2日でも十分?楽しめます。
行きは土曜日8:30AM関空発で帰りが日曜日18:30桃園空港発。

e0138560_022825.jpg

ダンナとなので奮発して(笑)シートはファストシートという最前列(1列目)の座席を取りました。
足元のスペースが広いのでラクラクです。
それに預けた荷物が一番に出てくるように「Fast Seat」というタグを付けてくれます。
3x3の座席なので、通路側の2席を取っていたのですが窓側には誰も来なかったのも良かった。
私の荷物置き場にさせて頂きました。

フライト時間は2時間半くらいだったかな?
何も出て来ないのは分かっていたので(笑)
家から持って行ってたサンドイッチ食べてから、入国カード書いて。
その後はぐっすり寝て、いつものごとく目覚めた時には着陸寸前でした。

桃園空港の第1ターミナルに到着しました。
韓国の仁川空港ほど広くないのがいいですね~(笑)
イミグレを通って荷物取って、リムジンバスで台北駅まで行きます。

e0138560_0372730.jpg

国光客運の1819路線 台北駅まで1人125元です。

e0138560_0415244.jpg

5番乗り場から出るみたいです。
それにしても暑いわ~ 気温を調べてた時は大阪より1-2℃高い位だから
そんなに変わらないなって思っていたのですが、蒸し暑い!!
半袖で十分な感じでしたが、持って来てないよ~ ^^;

バスに乗り込み、台北駅まで1時間くらいでした。
台北駅が終点なので降りるところで悩まなくて良かったデス。

まずはホテルに荷物を預けてお昼を食べに行こうと。
ホテルは台北駅から1駅目の善導寺駅だし、忠孝西路1段って通りをまっすぐなので
迷わないと思って歩いてホテルまで行きましたよ。暑いのに(笑)

e0138560_04895.jpg

途中で美味しそうなお店発見。

e0138560_0484935.jpg

ダンナが買って欲しいと言うので、どれがいいの?と聞いたら
シュガーパイ(白沙糖餅)が食べたいと。 1つ20元です。

e0138560_050847.jpg

こんな写真しかないのですが ^^;
中が空洞になってて、上側の表面に砂糖がまぶしてあってサクッとしてます。
ごまが付いてるので香ばしくって、美味しかったです。
ダンナはまさか空洞になってるとは思ってなかったみたいで騙された感満載でした(笑)
小豆のもあったのに何でこれ選んだん?って聞いたら美味しそうに見えたって。
まぁ味は良かったけど、思ってたのと違ってたみたい。

台北駅から歩いて10分くらいでホテルへ到着しました。
[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-23 23:30 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(1)
e0138560_22334628.jpg

この週末、台北へ旅立っていました。
1泊2日の慌ただしい旅でしたが、
美味しいものいっぱい食べて楽しんできましたよ~♪

またボチボチUPしていきまーす。
[PR]
by ekko_kopanda | 2014-10-20 23:00 | 2014 Oct. Taipei | Trackback | Comments(3)