鶏つくね弁当とテーブルの秘密

e0138560_2041624.jpg

今年の初お弁当です。
ン? と思われた方は正解です!
昨日の鶏つくね鍋のつくねを使いまわしています(笑)









昨日の鶏つくねのタネを初めに取って置きました。
小判型にしてフライパンに少し油を引いて中まで火が通るように焼きます。

タレは日本酒、みりん、醤油、オイスターソース、水、片栗粉を混ぜて
つくねの入ったフライパンに入れます。
すこし煮詰めて出来上がりです。

あとのおかずはブロッコリーの茎としいたけのナムル。
ご飯は大葉が残っていたので、千切りにしてゴマと梅びしおと一緒に混ぜてます。
つくねの下にこれまた鍋の残りの水菜をもう少し細かく切って敷きました。

e0138560_20554841.jpg

こちらはダンナのお弁当。
何かもう1品入れないと埋まらない感じだったので、
冷蔵庫に少し残っていたえのきをレンジでチンしてお醤油で和えて一味振っときました。 
とりあえず埋まって良かった~(笑)

残り物ばかりのお弁当になっちゃいました ^^;


えっとぉ、昨日はテーブルについて全然触れなかったのですが、
テーブルのコメントいただいたので、それならば!と思い
テーブルの写真撮ってみました。
どーでもいいよって声が聞こえてきますが・・・そう言わず見てください(笑)

e0138560_21222237.jpg

真ん中の丸い穴が取っ手になってます。
e0138560_21225423.jpg

外すとこんな感じで銅板のガスコンロなどを置くスペースがあります。
実はこの銅板を外したら下にスペースが空いてて、ホットプレートをしまっています。
その下には外から引き出せる引出しがあるので、カセットコンロをしまっています。

このテーブルのメリットはみなさんおっしゃるようにお鍋の時、
席を立たなくてもお鍋の中がよく見えるし、収納力バッチリなのです。

ただ、お鍋以外での使い道が分りません。
そんなにお鍋ばっかり食べるワケじゃないので、出番は少ないデス ^^;

そして、良い事ばかりじゃないんですよねぇ~。
まず何で銅板なんだろうと。多分、殺菌作用や高級感とかなのかなぁと思うのですが、
青さびが取れないんですよねぇ~何でステンレスにしないのかなぁ。

あとはこの隙間のおかげで飲み物をこぼした時が大変なんです!!
この銅板へ流れていって拭くのがすっごい面倒です。
多分、それで錆びていってるような気がします(笑)

と、こんな感じの我が家のテーブルでした。

テーブルの写真を撮っているとダンナに
「うちのテーブルの構造なんか見たいと思ってる人なんておらんって」と言われたのですが、
「誰か1人でも見たいと思ってくれる人がいてるって!!」と言い返しておきました。
そうは言ったけど、ホントに居るのかなぁ~って不安になってきた(笑)
[PR]
by ekko_kopanda | 2011-01-12 22:29 | ヒルゴハン

ekko*です。うちごはんや旅の思い出など、暮らしのあれこれを綴っています。


by ekko*